買取専門家が

要らない着物で高額査定を出すための裏技をお伝えします。

着物,買取,高価,和服,反物,出張

高額査定を連発させる裏技とは

着物の査定で高額査定というのは

1万円を超える査定と言われます。

 

有名な証書付の着物は数十万円になる事もありますが、現在はごく稀なケースです。

 

ほとんどの場合は、数千円程度の査定になります

 

そのなかで

高額査定を出すには何をすればいいのでしょうか。

知っておくべき!買取専門家が教える着物高額査定を連発させる裏技集①

 

まずは

自分の持っている着物を知りましょう。

証書があればすぐに分かりますが、ない場合がほとんどだと思います。

どういったものなのかを調べてみましょう。

 

柄やモノによっては、羽織とのセットで価値が上がるものや長襦袢との組み合わせで査定金額が上がったりします。

 

知っておくべき!買取専門家が教える着物高額査定を連発させる裏技集②

しっかりと

部屋干しをしましょう。傷みや虫食い、シミなどの確認が大切です。

 

長い間タンスにしまっていると、匂いがついていたりするので部屋干しして手入れをしましょう。

 

細かいほつれなども綺麗にすると査定額アップに繋がります。査定する人も目視での確認なので同じ目線で見てみましょう。

 

意外と見逃しがちのポイントです

 

知っておくべき!買取専門家が教える着物高額査定を連発させる裏技集③

 

シミや匂いが目立つ場合には、部分的に洗ったりしてなるべく綺麗になるようにしましょう。

あまりにもひどい場合には、難しいですが多少のシミなどであればその汚れが消せれば査定額が下がるのを避けられます。

 

洗う場合には、綿なのかポリエステルなどの化学繊維か確認でてから洗いましょう。

 

特に、襟のラインや胸元、首元など隠せない場所のシミは減点対象となりやすいため注意です。

 

知っておくべき!買取専門家が教える着物高額査定を連発させる裏技集④

セットで売れるものを揃えましょう。

使っていた帯や襦袢、履物、鞄など出来る限りセットで揃えられるものは揃えましょう。

 

帯なども長くしまっていると折り目が深く入っていたりするので、着物と同じくハンガーにかけて部屋干しする事をおすすめします。

鞄や靴は同じ色やデザインである事が多いので、査定時にはプラスです。ぜひあればセットで出しましょう。

 

 

 

知っておくべき!買取専門家が教える着物高額査定を連発させる裏技集⑤

畳むときにはきちんとした畳み方で袋に入れましょう。

いくつか畳み方がありますがどの畳み方でも大丈夫です。綺麗に折り目に沿って畳めていれば問題ありません。

半紙や乾燥剤があれば、着物の間に挟んで畳んでおくと買取店に持ち込んだ際に査定がアップする可能性が高いです。

 

畳み方が分からない場合には、動画サイトなどで手順を見ながら畳んでみてください。

 

知っておくべき!買取専門家が教える着物高額査定を連発させる裏技集⑥

査定に持っていく前に

着物を一度羽織ってみて、ヨレや汚れが内側・外側にないかを確認しましょう。

 

査定に持ってこられる方のほとんどが羽織って確認をしてから持ってこないです。

表面上では分からない部分が査定時に調べてみると出てきたりします。

せっかく綺麗に畳んで、綺麗な袋に入れてきても小さな汚れなどを見逃しているともったいないです。

 

必ず袖を通して確認してから持っていってみてください。

 

最後に

高額査定を連発されるには、多くの商品を持ち込む事と綺麗な状態にする事。

そしてなにより、綺麗な状態を見せる事が大切です。

 

ぜひ、手入れをして綺麗な着物を査定してもらってください。