こんにちは。

今回は、はじめての終活を迎えている方へお話をしたいと思います。

 

終活は

おそらくほとんどの方が初めてだと思います。

 

はじめての事は分からない事だらけで何からやったらいいか、何がよいのか迷ってしまうと思います。

 

そんな方のために役に立つ、『はじめての終活でも簡単に断捨離が出来るたった3つのコツ』をご紹介します。

 

終活について

 

終活とは

人生を全うする前に自分で身の回りの事を整理をし自分の人生を見直す活動の事を言います。

 

現在、核家族が増え終活の需要が高まっています。

 

しかし、その多くが終活について断捨離をすればいいと考えています。

あくまでも断捨離を通して自分の人生を見つめなおす事が重要です。

 

大切のものをしっかりと見直すきっかけにしましょう。

 

それでは、『はじめての終活でも簡単に断捨離が出来るたった3つのコツ』の1つ目に行きたいと思います。

 

はじめての終活でも簡単に断捨離が出来るたった3つのコツ①

 

まずは、自分にとって後世に残したいものとそうでないものをリストアップしてみましょう。

急ぐ必要はありません。しっかりと時間をかけてリストアップしましょう。

 

リストアップしてみると自分が何を後世に残して、伝えたいのかが明確になります。

これをするだけでエンディングノートの必要がなくなります。

 

リストアップをすれば、あとは実行するだけです。

 

はじめての終活でも簡単に断捨離が出来るたった3つのコツ②

 

リストアップが終わったら、次は必要のないものたちをいつ整理するかを一つ一つ考えていきましょう。

それぞれをいつ整理するのかを明確に出来れば焦る事なく自然と終活に取り組んでいけます。

 

いつか決められないものたちは、ゆっくりと考えていきましょう。

焦って整理をしても、後々後悔する事になりかねません。

 

しっかりとした計画を練るうえでもこのリストはとても重要です。

後世に残すべきものに関しても同じようにいつ整理をするのかを考えましょう。

この後世に残すべきものには、いつ整理するかだけでなく”誰に”という事も書きましょう。

 

そうする事によって、より明確に自分が伝えたい事を出す事ができます。

 

リストアップが済んだら、次はいよいよ断捨離の実行です。

 

はじめての終活でも簡単に断捨離が出来るたった3つのコツ③

断捨離には、いくつかのパターンがあります。

  • 思い出や捨てられないもの
  • もういらないもの
  • 今すぐには捨てられないもの
  • 要らないけれど価値があれば残したいもの

 

 

上記のようないくつかのものに分かれると思います。

 

思い出や捨てられないものは

全部取っておくのではなく一部のみ残して他は整理する事をおすすめします。

残された家族が一番整理しにくいものの中に思い出のものや捨てられないものがあります。

残すものをしっかりと絞る事も大切です。

 

 

 

もういらないものに関しては処分をしていきましょう。

処分の仕方はごみにだすだけでなく、あえて買取サービスや引き取り業者に頼んでみましょう。

買取サービスや引き取り業者から見たアドバイスをもらうとてもよい機会です。

 

 

 

そして

今捨てられないものも同じようにタイミングが来たら買取サービスや引き取り業者に頼んでみる事がいいと思います。

査定や見積もりは無料なのでぜひ利用してみましょう。

 

要らないけれど価値があれば残したいものは、まず価値を知りましょう。

周りの方に聞いてみる事で分かる場合もあります。

それでも分からないようなものであれば、調べてみたり詳しい人に聞いてみましょう。

 

骨董品などではない場合は、家族や周りの人に聞いてみれば判断が出来ると思います。

 

 

こうやって

一つ一つをしっかりと整理していけば、自然と自分の心も整理されていきます。

 

 

まとめ

ここまで3つのコツをお伝えしてきました。

 

何をするにしても計画をたてて準備をする事がとても大切です。

面倒でもリストアップから始めていきましょう。難しいことではありません。

 

ぜひ実際にやってみてください。